フルフェイス

ヘルメット

アライのフルフェイスRAPIDE-NEO ラパイドネオを独自に評価

フロントの三本スリットが特徴のラパイドネオ。クラシカルな風貌を残しつつも最新のシステムが搭載されています。最近のバイクはクラシックスタイルを復刻したものが多い。それに合わせてヘルメットも復刻盤として復活。ネオクラシックに最適です。
2021.03.26
ヘルメット

ショウエイのフルフェイス GT-AirⅡ ジーティー-エアーツーを独自に評価

手が出しやすい価格になってきますね。レース以外でも趣味としてツーリングなどに行く方向けです。 エアーの名前を冠する事から分かるように、エアーベンチレーションにこだわりを感じます。最近の流行であるインナーバイザーはツーリング時に威力を発揮します。
2021.03.26
ヘルメット

アライのフルフェイスQuantum-J クアンタムジェイを独自に評価

アライのヘルメットのスタンダードモデルがQuantum-Jです。オーソドックスなスタイルに基本的な内装やシステムを備えています。販売代理店専用のカラーなどもあり、色々選べるのも特徴です。入門モデルで価格も安く、買いやすいヘルメットです。
2021.03.26
ヘルメット

アライのフルフェイスVECTOR-X ベクターエックスを独自に評価

ツーリングから街乗りまで幅広く対応しているヘルメットがVECTOR-X(ベクターX)です。ミドルクラスの商品で、大型デュフューザーが無い分、風切り音が抑えられている。オールマイティーな環境で使え、体を起こした状態でも風を取り入れられる。
2021.03.26
ヘルメット

アライのフルフェイスXD エックスディーを独自に評価

SNELL規格に適合させつつクルージングを楽しむ層向けに開発されたのがアライのヘルメットXDです。エアーベンチレーションが独特でXDFエアーダクト、XDRエアーダクトが付いています。価格帯も手ごろでアライの主力製品の1つになっています。
2021.03.26
ヘルメット

アライのフルフェイスASTRAL-X アストラルエックスを独自に評価

アライヘルメットのアストラルXです。 ツアラー向けでツーリングをコンセプトに制作されている。外部に逆光対策のインナーバイザーを搭載、ピンロックシールドで曇り対策も期待できる。スーパースポーツ、ツアラー、ネイキッドなど幅広いバイクに適合。
2021.03.26
ヘルメット

アライのフルフェイスRX-7X アールエックスセブンエックスを独自に評価

サーキット、レース場、高速走行を想定したヘルメットです。最新のシールドシステムVASが特徴です。通常のグラスファイバーを更に進化させたスーパーファイバーPB-SNCスクエアを採用。アライのフラッグシップモデルで最高の品質を誇ります。
2021.03.26
ヘルメット

ショウエイのフルフェイス X-Fourteen エックス-フォーティーンを独自に評価

レースで利用する事を想定したフラッグシップモデルで、物凄く高価です。ナップスで確認しましたが、完成度も高くおすすめできるヘルメットの1つです。エアスタビライザーやロアエアスポイラーに対応していて、X-Fourteenにしか無い機能も多いです。
2021.03.26
ヘルメット

ショウエイのフルフェイス X-KIDS エックス-キッズを独自に評価

X-KIDSは子供専用です。大人とは違う子供の身体的特徴を徹底的に検証し子供用に開発されたヘルメットです。子供の頭の形の特徴である逆三角形型を意識し首の長さも考慮して作られています。ショウエイは子供用のヘルメットを開発しました。
2021.03.26
ヘルメット

ショウエイのフルフェイス EX-ZERO イーエックス-ゼロを独自に評価

EX-ZEROはオフロード向けのヘルメットです。EXシリーズのクラシカルなデザインに機能性、快適性、安全性を考慮して開発されています。形が特徴的で口元は標準的なオフロードのヘルメットの形をしています。
2021.03.26
ヘルメット

ショウエイのフルフェイス RYD アールワイディーを独自に評価

特徴的な見た目のRYDですが、ショウエイのスタンダードモデルで価格も抑えられています。街乗り、高速、ツーリングとオールマイティーに使えるミドルエンド向けのヘルメットで初めてショウエイのヘルメットを買う方は、候補に入れても良いでしょう。
2021.03.26
ヘルメット

ショウエイのフルフェイス Z-7 ゼット-セブンを独自に評価

軽量、コンパクトがコンセプトのスポーツライディング向けのヘルメットです。高速走行時の振動や騒音カットを目指して作られています。耳周りの空洞部分が少し気になりますが、実際に使用した感じでは問題ないとの書き込みも見受け荒れれます。
2021.03.26
ヘルメット

ショウエイのフルフェイス GT-Air ジーティー-エアーを独自に評価

GT-Air とGT-Air2の主な違いは、SRL取り付け機構、微開ポジションなどです。他にも微妙な違いがありますが、実際にヘルメットとして使う場合に違いが出るのは上記の2点です。アライのヘルメットと比べてクッションが少し柔らかめな感じがしました。
2021.03.26
ヘルメット

オージーケーカブト(OGK KABUTO)フルフェイスFF-R3を独自に評価

OGKカブトはヘルメットを中心とした日本の企業で品質も高く人気。FF-R3シリーズの機能は、UVカットシールド、内装フル脱着などフルフェイスで欲しい機能が標準搭載
2021.03.26
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました