シューズ

コミネ K202 バックジッパーブーツを独自に評価

4.5
コミネ K202 バックジッパーブーツシューズ

コミネ K202 バックジッパーブーツのインプレ

コミネのブーツはショートブーツ、ミドルブーツ、通常タイプのブーツと3種類あります。
通常のブーツは大きく全2種類。細かく分類すると2種類×2種類×2種類=8種類となっています。
202系、520系の2種類×K202系、K520系の部分合成皮革2種類(サイドジッパー1種類、バックジッパー1種類)×ワイドタイプ2種類の計8種類です。

コミネ K202 バックジッパーブーツ(K202 Back Zipper Boots)品番05-114は、通常タイプのオーソドックスなコミネ202ブーツを基準に、部分的に合成皮革を使用したリーズナブルなブーツです。
普段の街乗りからツーリングまで多用途に使える一般向けのブーツです。
カラーはブラックのみです。このタイプのブーツはブラック以外はあまり求める人はいないと思うので、ブラックで十分だと思います。
サイズは24センチ~30センチまであります。202よりもサイズに幅があるので、どうしてもサイズが合わない人はこちらを選ぶと良いでしょう。
背の高い方や体重が一般的な体重より重い方はワイドタイプをおすすめします。
中敷きが固いとの口コミや先が細く小指が痛いといった口コミもあります。しかし、サイズに関しては問題ないとの口コミもあるので特別小さい訳ではありません。

使用時の注意点として本革ブーツですので、必ず雨の日はクリームを塗るなどの対策が必要です。
防水力は通常のブーツと同様でありますが、完璧に水を弾く訳ではないので気を付けましょう。
定価1万3500円に対して、実勢価格は1万円前後です。全本革と比べてリーズナブルな価格になっています。

独自評価

当サイト集計のアンケート結果、アクセス数、Amazon、楽天、ヤフーショッピング、価格.comなどの口コミ、インプレ、レビューなどの使用感を基に、独自に5段階で評価!

評価項目評価レート一言コメント
商品の品質4.0部分合成皮革で合理的
コストパフォーマンス4.5本革と合成皮革で高コスパ
ポジティブ口コミ数4.0使いやすくマイナス面が少ない
おすすめ度5.0コスパも高く買いやすいのでおすすめ
総合評価4.5値段と品質のバランスが良い

評価ポイント:部分的に合成皮革を使う事により高いコスパになっている。全本革よりもメンテナンス性も高く普段使いにしやすい。

関連情報リンク

タイトルとURLをコピーしました